本文へスキップ

草刈プロドットコムは、草刈りの専門会社です。お見積無料

お見積無料

チャドクガSERVICE&PRODUCTS

フリーダイヤル 0120-554-555
電話予約受付業務、AM9:00〜PM18:00
土曜日営業、【休日:日曜・祭日】

────────── 【 2018年、チャドクガの記載 】 ──────────
2018年は、猛暑続きです。チャドクガが大発生していると思われます。弊社の草刈り作業員は体中チャドクガに刺されてしまったとのことです。秋に向かって植栽がある場所は注意です。


────────── 【 2014年、チャドクガの記載 】 ──────────
2014年の草刈りは、チャドクガの影響は少ないようです。どうしたことなのでしょうか、作業中に蜂に刺されたとの報告が多いです。最近、現場でスズメバチを多く見かけるようになりました。以前にはなかなか見かけることが少なかったです。
昨年が暑すぎたので、チャドクガが少ないのでしょうか。今年は暑い日が少なかったこともあるのでしょう。

昨年は、チャドクガに何度も刺され、ひどいめに遭いました。
・昨年初めて刺されたのは、マンション周りの草刈りでした。安心していました。マンション周りの植木は剪定されている様に見えました。
・剪定しているのであれば、消毒をしているものと思ってしまいました。
・草刈りは順調に進みました。次に私の背の高さよりも高いサザンカの、木の下の作業をする事になりました。
 チャドクガ用、防護の服装をしないで、警戒することなくサザンカの木の下で草刈りをしていました。
・首のあたりが少しチクチクするなと感じた時、急に首から背中にかけてかゆくなってきました、やられたと思いました。
・背中全体、そしてお腹にかけて腫れてきました。ぶつぶつがたくさん出てきました。
このぶつぶつの1個のカユサは、10匹の蚊に刺されたカユサより、カユイと思いました。
・200個を越えるくらいチャドクガに刺されたぶつぶつがありました。すぐに用意してあるチャドクガ用の塗り薬を、たくさん塗りました。カユミが少し楽になりました。
・緊急を要するので、会社に電話をして、現場近くの作業服屋さんを電話帳で調べてもらい、その作業服やさん迄ナビしてもらい、作業服を買いまして、着替えをしました。
・気がおかしくなる程の強烈なカユサです。カユミは、6日間位続き、7日目位に又カイズカイブキの木のチャドクガに刺されてしまいました。その後7日間位カユミが続き、12日後位に刺された跡が消えましたが、また、カイズカイブキの木で刺されてしまいました。
刺された人でなければわからない、我慢できない程の、驚くカユサです。

・その後は、カイズカイブキの木があると、その木の下の草刈りは、9割の確率でチャドクガに刺されていました。

・昨年横浜市で笹を刈って下さいとのご依頼を受け、草刈りへお伺いしましたら、大きな敷地にお住まいで、南側の庭は高台の為見晴らしが良く日当たりが最高です、そこに細い笹がきれいに植えられいました。ご依頼主様が水中メガネをしまして、頭と体、そして手もゴム手袋をし、完全に防護をして現れました。なぜそのような服装で現れたかすぐにわかりました。腰の高さ(1、2メートル位)位の細い竹を刈り始めましたらチャドクガの幼虫が沢山いることに気づいた者から、作業者全員に伝えられました。
・よく見てみると、草刈りの音と振動に危険を感じたのかチャドクガが笹の密集地帯から、逃げ離れようとしているものが多数いました。それを知った完全防護のご主人が、チャドクガを逃がさぬ様に捕まえて、処分するようにとの指示があったので、ゴミを挟むステンレス製の物で捕まえ透明ナイロンのゴミ袋に入れました。すると、建物の外壁にも多数発見し捕まえました。
・草刈り作業完了時までに捕まえたチャドクガは、ゴミ袋の3分の一位になりました。

・その他、横浜で3件の笹の草刈りに関するご依頼がありましたが、その内2件にチャドクガが上記と同様に沢山処分しました。

チャドクガに刺された者は1名もいませんでした。
・その理由は、笹の高さが1.2メートル位なので、首筋や腕の高さより低い為入り込まなかった為と思います。

・長袖を着て、草刈り作業をすると暑すぎるので、腕カバーをして作業をしています。その為、チャドクガに刺される確率が高くなるのはやはり、腕になります。刺されると、腕にチャドクガに刺されてぶつぶつがたくさんできます。12日間位の期間腕のぶつぶつが取れないので、コンビニエンスへ買い物に行くと、腕にぶつぶつがあるので、レジの人は、気持ち悪がります。困ってしまいます。
若い人には、向かない仕事ですね、恋人に振られてしまうかも知れませんね、、、。

昨年は、カイズカイブキやサザンカへ(背の低い竹の笹にもチャドクガの幼虫が沢山いました。)チャドクガが大発生していたのは事実です。

・今年は、どうなのかはわかりませんが、昨年同様に、4月位から11月位までに大発生しそうなので、特にカイズカイブキとサザンカの木へ、皆さんは近づかない方がよいですね。

・刺されたらカカナイ方が良いと言われても、カユサが普通ではないので満足ゆくまでカイテしまいます。
刺された部分へ今年はガムテープで貼り付け、ガムテープを剥がした後に薬を塗る様にします。
出来る限り、カカないようにしたいと思います。


2014年の草刈りは、チャドクガの影響は少ないようです。どうしたことなのでしょうか、作業中に蜂に刺されたとの報告が多いです。最近、現場でスズメバチを多く見かけるようになりました。以前にはなかなか見かけることが少なかったです。
昨年が暑すぎたので、チャドクガが少ないのでしょうか。今年は暑い日が少なかったこともあるのでしょう。

昨年は、チャドクガに何度も刺され、ひどいめに遭いました。
・昨年初めて刺されたのは、マンション周りの草刈りでした。安心していました。マンション周りの植木は剪定されている様に見えました。
・剪定しているのであれば、消毒をしているものと思ってしまいました。
・草刈りは順調に進みました。次に私の背の高さよりも高いサザンカの、木の下の作業をする事になりました。
 チャドクガ用、防護の服装をしないで、警戒することなくサザンカの木の下で草刈りをしていました。
・首のあたりが少しチクチクするなと感じた時、急に首から背中にかけてかゆくなってきました、やられたと思いました。
・背中全体、そしてお腹にかけて腫れてきました。ぶつぶつがたくさん出てきました。
このぶつぶつの1個のカユサは、10匹の蚊に刺されたカユサより、カユイと思いました。
・200個を越えるくらいチャドクガに刺されたぶつぶつがありました。すぐに用意してあるチャドクガ用の塗り薬を、たくさん塗りました。カユミが少し楽になりました。
・緊急を要するので、会社に電話をして、現場近くの作業服屋さんを電話帳で調べてもらい、その作業服やさん迄ナビしてもらい、作業服を買いまして、着替えをしました。
・気がおかしくなる程の強烈なカユサです。カユミは、6日間位続き、7日目位に又カイズカイブキの木のチャドクガに刺されてしまいました。その後7日間位カユミが続き、12日後位に刺された跡が消えましたが、また、カイズカイブキの木で刺されてしまいました。
刺された人でなければわからない、我慢できない程の、驚くカユサです。

・その後は、カイズカイブキの木があると、その木の下の草刈りは、9割の確率でチャドクガに刺されていました。

・昨年横浜市で笹を刈って下さいとのご依頼を受け、草刈りへお伺いしましたら、大きな敷地にお住まいで、南側の庭は高台の為見晴らしが良く日当たりが最高です、そこに細い笹がきれいに植えられいました。ご依頼主様が水中メガネをしまして、頭と体、そして手もゴム手袋をし、完全に防護をして現れました。なぜそのような服装で現れたかすぐにわかりました。腰の高さ(1、2メートル位)位の細い竹を刈り始めましたらチャドクガの幼虫が沢山いることに気づいた者から、作業者全員に伝えられました。
・よく見てみると、草刈りの音と振動に危険を感じたのかチャドクガが笹の密集地帯から、逃げ離れようとしているものが多数いました。それを知った完全防護のご主人が、チャドクガを逃がさぬ様に捕まえて、処分するようにとの指示があったので、ゴミを挟むステンレス製の物で捕まえ透明ナイロンのゴミ袋に入れました。すると、建物の外壁にも多数発見し捕まえました。
・草刈り作業完了時までに捕まえたチャドクガは、ゴミ袋の3分の一位になりました。

・その他、横浜で3件の笹の草刈りに関するご依頼がありましたが、その内2件にチャドクガが上記と同様に沢山処分しました。

チャドクガに刺された者は1名もいませんでした。
・その理由は、笹の高さが1.2メートル位なので、首筋や腕の高さより低い為入り込まなかった為と思います。

・長袖を着て、草刈り作業をすると暑すぎるので、腕カバーをして作業をしています。その為、チャドクガに刺される確率が高くなるのはやはり、腕になります。刺されると、腕にチャドクガに刺されてぶつぶつがたくさんできます。12日間位の期間腕のぶつぶつが取れないので、コンビニエンスへ買い物に行くと、腕にぶつぶつがあるので、レジの人は、気持ち悪がります。困ってしまいます。
若い人には、向かない仕事ですね、恋人に振られてしまうかも知れませんね、、、。

昨年は、カイズカイブキやサザンカへ(背の低い竹の笹にもチャドクガの幼虫が沢山いました。)チャドクガが大発生していたのは事実です。

・今年は、どうなのかはわかりませんが、昨年同様に、4月位から11月位までに大発生しそうなので、特にカイズカイブキとサザンカの木へ、皆さんは近づかない方がよいですね。

・刺されたらカカナイ方が良いと言われても、カユサが普通ではないので満足ゆくまでカイテしまいます。
刺された部分へ今年はガムテープで貼り付け、ガムテープを剥がした後に薬を塗る様にします。
出来る限り、カカないようにしたいと思います。




バナースペース

草刈プロドットコム


草刈り作業前


草刈り作業後